今日のコタロー

ご心配をおかけしています コタローですが
まだ 胃腸障害つづいています。
昨日 色々検査をしたので そのことを綴りたいと思います。
私自身の備忘録としたいので なるべく細かく記載したいと思っていますので
文章長くなると思います。
ご興味ない方 スルーしちゃってくださいませ。2017 05 21_2050-1

≪今日のコタローは昨日より ずっとラクそうにしています。≫





前回 最後に備忘録として記載しましたが
24日 朝 嘔吐
その1回だけだったようで 嘔吐した痕跡なし ●あり 正常と思われる。
帰宅時 置いて行った食事 食べてない・・・
チュールを与えてみたところ 一口食べたあと気持ち悪そうにしていたので
病院ヘ連れて行きました。
今回は各種検査をしました。
血液検査では HCT(ヘマトクリット値)   52.7%(30.3-52.3)
          HGB(ヘモグロビン濃度) 16.6g/dL (9.8-16.2)
嘔吐による 脱水症状と思われる。


BASO(好塩基球数) 0.63K/μL (00.1-0.26)
好塩基球は免疫と関係がありアレルギーなどに関与するといわれています。
この結果 コタローに何かアレルギーがあるのではと 疑いが生じた。


CREA(クレチニン)2.5mg/dL (0.8-2.4)
腎臓の機能を反映し、腎機能が低下すると高値になる。
クレアチニンは筋肉中でクレアチンからつくられる。そのためクレアチニンの産生量は筋肉量と相関する。クレアチニンは腎臓で尿中へ排出されほとんど再吸収をうけないため糸球体濾過率のよい指標になる。血中クレアチニンの増加は脱水、腎不全、尿路閉塞などでみられる。クレアチニンの低下には臨床的な意味は少ないが、筋肉量が少ない動物や多飲の動物でみられることがある。血中のクレアチニン濃度は糸球体濾過率が正常の2/3に低下するまで上昇しないため、糸球体機能の鋭敏な指標ではない。 より引用

コタローの場合 これも嘔吐により脱水が原因で高置になっていると思われますが、脱水が続けば
腎臓が壊れ 腎機能障害の原因になるので注意が必要です。




2017 05 10_1754
  「最近写真を撮っていないので 過去の写真より…・  文章と画像に関連はありません」





膵臓の検査「猫膵特異的リパ-ゼ検査」もしましたが 膵臓は正常でした ε-(´∀`*)ホッ



嘔吐の原因として考えられる 誤飲 ・・・
造影検査 ↓ レントゲン

m/img/IMG_7710.jpg/" target="_blank">IMG_7710.jpg
IMG_7714.jpg
胃の下十二指腸あたりに 気になるものが見えるような気がするとの事で
エコー検査もしたのだけど やはりあるような気がする・・・? とのことで
ある!! 言い切れるものでもなく 
それが 毛玉であるかビニール片なのかは 開腹しないとわからないそうです。
現在 ●も少ないながらも(食べてる量が少ない)正常なものが出ているので
緊急ではなく 今の治療をし 嘔吐がなくなり 他も正常化すれば …
なくなる可能性もあり 経過観察となりました。


アレルギー 思い出してみると コタローが最初にこの症状になった時
抗生物質や胃腸薬他の注射を4,5日続けても効果が見れなくて
ステロイドを打ったら効果が出た。
その時も原因にアレルギーがあり ステロイドで効き目がでたのかな?


検査の必要性は十分わかりますが、
やはり検査って怖いですよね(((( 怖゚Д゚;)))
結局 これが原因って結果は出なかったけど
より コタローにあった治療をして 早く 元気なコタローに戻って欲しいです。

金曜日も また通院します。
通院はストレスあると思うけど 効果的だから
仕方ないですね。
コタローもうちょっと頑張って 元気になろうね!!


今日は コメント欄 閉じます。



ブログランキング参加中!  
 ぽちっとお願いします(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
グリムス
アクセスカウンター 2016.10.17~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天